TOP > サンクタスに住まう > Vol.3 タワーレジデンストーキョー

建築のプロである私の父も太鼓判!最高の環境で新生活を満喫しています

先進技術と情報の発信基地であると同時に、都心の利便性と歴史の彩り、そして下町の温かさが感じられる街「秋葉原」。今回は、この地に生まれた地上37階建てのランドマーク【タワーレジデンストーキョー】にお住いのKさんご家族を訪ねました。

朝の光がさんさんと入るリビングは毎日の元気の素です

素晴らしい眺望と明るさが印象的なお部屋ですね

「そうですね。もともと私たちは『マンションを購入するなら角部屋』と考えていました。二面開口だと家具が起きにくくなるのでは?という考え方もありますが、北向きの腰高窓側に大型テレビを置いて、憧れのホームシアターとしたことで、すべてがぴったりと収まりました。そして、バルコニー面は東向き。朝の光がさんさんと入り爽やかな一日の始まりを迎えられるこの部屋は、日々「今日もがんばろう!」という気持ちにさせてくれますね」

ご購入決定にあたってはお父様にご相談されたとか?

「ええ、私の父は建築関係の仕事をしており、当時検討していた数件のマンションについて、資料を一緒に見たりモデルルームにも同行してもらいました。その結果「立地・環境」「設備・仕様」「管理サービス」ほかいくつもの判断材料をもとに太鼓判を押したのが、ここ【タワーレジデンストーキョー】だったんです。もちろん私も妻もとても気に入っていましたし、厳しい目を持つ「建築のプロ」の父から背中を押してもらったことにより、安心して決めることができました。」

細かい要望にもていねいな対応 満足いく部屋作りができました

入居前のご希望でお部屋の設計変更を?

「【タワーレジデンストーキョー】の契約当時、私たちはまだ結婚前でした。新生活を始めるにあたっては、2人のライフスタイルに最も合う部屋を望んでいたため、3LDKを2LDKに変更してリビングを広く取ることにしたんです。さらに寝室にもクローゼットをつけるために壁全体をずらすなど、標準仕様からかなりの変更を加えました。その際、販売担当の方が図面を引き直して、あいまいな部分がないようきちんと説明をしてくれたのはうれしかったですね。家は大きな買い物、あとで『話が違う』などということは避けたかったので」

実際に入居されてのご感想はいかがですか?

「結婚してから2008年の入居までしばらく時間がありましたので、アパートに仮住まいをしながら、暇を見つけては現地を訪れ、マンションが立ち上がってゆく様子を楽しみに眺めていました。入居してからも、思い通りの開放感と使いやすい間取りに仕上がっていて、大満足ですね。わが家のリビングからは、隅田川花火大会が真正面に見られるのが自慢なんです。これから毎年、花火の日には親や友人を呼ぼうと思っていますよ」

周辺環境だけでなく 内部も利便性の高いマンションです

小さなお子様がいらっしゃるKさんにとって、周辺環境や利便性はいかがでしょう?

「そうですね、一番のポイントは救急指定の『三井記念病院』が目の前ということ。病気だけでなく、定期健診や予防注射など、乳幼児は病院へ行く機会がたくさんあるので、これは心強いですね。また、ふだんの買い物には生協の宅配を利用していますが、近くにはスーパーもありますし、小さいながら公園も充実。都心でありながらも住宅地としての機能は満たしています。休日のショッピングは秋葉原や上野にすぐ出られますし、徒歩圏の7駅を使えば気軽に遠出も可能と、メリハリのある生活ができますね」

共働きだからこそ利便性は大切なんですね

「周辺だけでなくマンション内の設備も、利便性をしっかり考えられているんですよ。廊下には各戸トランクルームがあり、生協の品物はそこへ入れてもらうことにしていて、共用部のじゃまになることはありません。24時間ゴミ出しのできるステーションも各階へ設置され、『生活感』というストレスから開放されています。外観だけでなく内部も美しく住む工夫の多い【タワーレジデンストーキョー】で、これからもゆっくり家族の歴史を積み重ねてゆきたいですね」

物件データタワーレジデンストーキョー

所在地 東京都台東区
交通 JR山手線、東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅
総戸数 260戸
竣工 2008年

ページ上部へ戻る