TOP > サンクタスに住まう > Vol.13 サンクタス文京大塚 BEAU TERRACE(ボゥ テラス)

キッチン中心のインテリアで集いの喜びあふれる日々を実現

都心にあっても緑あふれる閑静な邸宅地、文京区大塚に誕生した低層2棟からなるレジデンスが【サンクタス文京大塚】。そのひとつ「BEAU TERRACE(ボゥ テラス)」にお住まいのWさんご夫妻宅を訪問し、こだわりのお部屋と魅力的なライフスタイルについてうかがいました。

料理好きな二人の基準を満たす間取りと立地

マンション購入に際し、ご夫婦なりの基準をお持ちだったそうですが?

「以前住んでいたのは、賃貸マンションの15階。この高さがどうにも落ち着かず、「買うなら低層マンションの低層階」と決めていたんです。
また妻と私は料理を趣味としていて、休日にはゲストを招いてホームパーティーを開くことも多いので、キッチンとリビングを中心に据えた物件を探しました。その途中で、設計の自由度が高いコーポラティブハウスも検討しましたが、完成までに3年かかると言われ断念。インターネットで【サンクタス文京大塚】を見つけてモデルルームを訪れたところ、立地も間取りも理想に近かったので購入を決めました。」

実際にどのようなところが気に入りましたか?

「私たちがこだわった2点「低層階」「LDKの十分な広さと配置」に加え、料理の作り手が孤立しないオープンキッチンは、とくに気に入りました。ここで過ごす時間が長くなるのは分かっていましたから、理想に近い形でよかったです。それから、自宅~会社間が自転車で15分という近さも決め手になりました。実を言うと15分もかからないのですが、健康のために少し遠回りしているんですよ。買い物もふだんは近くのスーパーで済ませ、休日には自転車で池袋のデパ地下までひとっ走り。その気軽さが楽しいですね。」

メジャー持参でモデルルームへ 家具の配置をしっかり検討

理想の部屋づくりのため、何度もモデルルームや建設現地をご覧になったそうですが?

「そうですね。入居日まで、自分たちの部屋に一番近い形が見られるのはモデルルームだけ。メジャー持参で通い、家具が入るかどうかだけでなく、その配置まで検討しました。
また、営業担当の方がとても親切で、建設途中にいろいろ質問をしましたが、いつも回答は早かったです。話だけで分かりにくい場合は「遠慮なく見に来てください」と言ってくれましたし、私も仕事の合間に入居準備を進めている状態だったので、何にせよ待たされないのが助かりましたね。ローンについてもいろいろ調べてくれて、よりよい条件で返済計画を立てることができました。」

キッチンからリビング・ダイニングの隅々まで見渡せるのがいいですね

「一番こだわったキッチンは、さらに使いやすくカウンターの幅を変更するとともに、間仕切りを取り払ってよりオープンにしつらえました。コンロ前もガラススクリーンを設置していて、かなり明るいでしょう?でも、逆に言うとリビングからキッチンがまる見えになるので、背面の食器棚の大きさと配置は、この空間に違和感が出ないよう綿密に考えましたよ。サイズがギリギリすぎて、業者さんに「入らないかも」と心配されたほどです(笑)」

作り手が主役のオープンキッチン

モノトーンのLDKもそうですが、玄関まわりや廊下のシンプルなインテリアに心が落ち着きますね

「玄関を開けて廊下を通り、さらに部屋のドアを開けてリビングにたどり着く。シンプルにしつらえた空間の中で行われるこうした一連の流れが、通勤に時間のかからない私にとっては、仕事とプライベートを切り替えるスイッチになっているのかもしれませんね。
それから、バルコニー側の明るさを活かして、家庭菜園を楽しんでいます。グリーンカーテンがわりのゴーヤ、パスタやサラダに使えるバジル、自家製カクテル用のペパーミント、そしてパプリカ、なす、トマトなども。食いしんぼう夫婦(笑)なので、どうしても「食べること」を中心に、部屋のつくり方から暮らし方までを考えてしまいます。」

お話をうかがっていると、まさに「キッチンが主役」のご自宅という印象です

「キッチンという空間だけなく、そこにいる「作り手」が主役になれる場を目指したんですよ。ホームパーティーでは、2人で並んで料理することもしばしばですが、この間取りならどちらかがホストを務めなくても会話が弾みます。ときには、ゲストもいっしょに料理することだってあります。ここにいると、会話に調理につい参加したくなる、そういう集う喜びがあるわが家の雰囲気は、いつまでも大切にしたいですね。」

物件データサンクタス文京大塚

所在地 東京都文京区
交通 東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅徒歩4分 他
総戸数 AVANT TERRACE(アヴァン テラス)38戸、BEAU TERRACE(ボゥテラス)52戸
竣工 2010年

ページ上部へ戻る