TOP > サンクタスに住まう > Vol.12 サンクタス1010タワー

海外生活経験者も満足。デザイン性と快適性が両立

スタイリッシュな外観が目を惹く【サンクタス1010タワー】。建物内部も外観に負けない上質仕様をさまざまに施し、住まう方々の心を癒しています。そんなサンクタスのこだわりを気に入って契約されたという、海外生活経験もあるSさんご夫妻をお訪ねしました。

先入観を持たずに探し、ついに出会えた理想の物件

ご契約までの短期間に多くのモデルルームをご覧になったそうですね

「家を買うと決めて12月から探し始め、翌年1月に決定するまでのほぼ1ヵ月間で10件、くまなく見て回りました。思い立ったらすぐ決めたい性格なんですよね(笑)結構まわりを見ると、悩んで決められず、結局買えない人が多かったりするもので…。私たちの暮らしに必要な条件から比較検討した結果、二人とも「ここしかないね」と意見の一致をみたのが【サンクタス1010タワー】だったわけです。私はもともと大阪、妻は山口出身なので、いい意味で先入観を持たずに、立地環境や交通、物件の良さだけを見て判断することができたのではないでしょうか」

10件を比較して、何がご契約の決め手になりましたか?

「交通の便に加えて、『北千住』という街のにぎわいですね。しかもただ華やかなだけでなく、温かい下町の雰囲気もあり、歴史もあります。妻の仕事の帰りが遅くなっても、商店街があるから夜道も安心ですし。

物件として感じた魅力はたくさんありますが、まずはスタイリッシュな外観にしっかりした構造。お隣りの音も気にならず、両隣りに赤ちゃんがいることに半年間気づかなかったぐらい(笑)居室ではリビングの2700mm天井高。これは本当に開放感がありますよ」

海外暮らしのエッセンスを室内各所にアレンジ

室内で天井高を重視されたのはなぜでしょうか?

「私は結婚後、単身ロシアに留学していた時期があるんですよ。現地の暮らしぶりを見て、あるいはときおり近隣ヨーロッパ諸国にも旅して、高い天井の部屋がいかにリラックスできるか、よく分かっていました。それから、天井がリビングからダイニング、キッチンと少しずつ下がっているんですが、それがまるで北欧の住宅のように、シンプルだけれどどこかデザイン性を感じます。そこで、インテリアもこうした部屋に合う、木質素材とファブリックでできたソファやダイニングセットなど、ナチュラルテイストでまとめました」

そういえば珍しい小物が飾られていますね

「マトリョーシカ、オリエンタル柄のティーセット…、どれもロシアや近隣諸国で見つけては少しずつ買いそろえたんです。これまで大阪、ロシア、帰国後の埼玉と引っ越しが多く、自宅を買うまでは家具を増やさないと決めていました。だから今回、インテリアをトータルでそろえることができましたし、これまで集めてきた小物が活躍する部屋作りができたのではないでしょうか。それから、とくにこだわったのは照明ですね。ライトの色調は温かみある電球色に統一。ライトの種類やシェードは、時間をかけて部屋ごとに選びました」

キッチンが大好き。ちょっと素敵なそのワケは?

とくにキッチンをお気に召したそうですね

「他の物件でも確認しましたが、この絶妙な配置のキッチンはどこにも見当たりませんでした。広い調理カウンター、キッチンスペースの目隠しとしては十分で、だからといって閉塞感はないほどよい高さ。そして、リビングとの距離感も好きですね。ここで料理しながら二人でいろいろ話もできるので、本当にキッチンを気に入っていますね。結婚してから別々に暮らす時間が長かったので、家を手に入れた今、やっと落ち着いて二人の時間を楽しめているのかもしれません」

あらためて新婚生活満喫中というところでしょうか

「まさにそうですね(笑)休日には車で銀座・丸の内・渋谷と、雑誌やテレビで見つけた最新スポットを訪れたり、電車で人形町や佃島など下町へ出かけることもありますよ。それでも、まだまだ訪れてみたいところも多く、話題のお店でおいしいものも食べてみたい。そんな希望が簡単にかなうこの地へ越してきて、ますますフットワークが軽くなりました。いずれ子どもが生まれたら、荒川河川敷などの散策スポットが点在する環境を楽しめそうですし、【サンクタス1010タワー】をベースに、家族の人生を思い切りエンジョイしたいですね」

物件データサンクタス1010タワー

所在地 東京都足立区
交通 JR常盤線ほか「北千住」駅徒歩8分
総戸数 71戸
竣工 2009年

ページ上部へ戻る